赤ちゃんの夜泣き−原因と対策−

赤ちゃんの夜泣きで毎日大変な思いをしていませんか?最先端の科学と先輩の知恵が、パパとママをお助けします!
 

カテゴリー:自分を満たす

スポンサードリンク

2012年08月22日

自分を満たしていますか?

すべての問題行動の原因は不幸感にある・・・

選択理論の提唱者であるアメリカの精神学者医ウィリアムグラッサー博士は言います。

人は、不幸と感じている時、問題行動を起こすわけです。

不幸というのは、主に人間関係に起因します。

良好な人間関係の中では、決して人は不幸感を抱くことがなく、自分を大切に扱うことができます。

注意)良好な人間関係とは単なる仲良しこよしではありません。
自分が相手を思いやり、心から愛している、且つ相手も同様に自分を思いやり愛している状態
表面的な仲良しではなく、心から思いあっている強い結びつきがある状態、を指します。

自分を大切に扱うことができるということは、問題行動を起こさないということです。

問題行動を起こすことは、自分にとっても、相手にとってもよいことではないからです。

なぜ、こんな話をするか?

前回も、自分を満たすことで子供が落ち着くんですよ〜という話をしました。

今、お伝えしいることも本質は同じです。

ただし、今回は、赤ちゃんの立場から書いているんです。

そうです、赤ちゃんが問題行動を起こすのは、不幸感(満たされない状態)があるからなんです。
(決して赤ちゃんの意識が不幸と思っているというわけではありません。)

そして、赤ちゃんが生まれて初めて作る人間関係は、お母さんとの人間関係なんです。

だから、お母さんの状態が大事なんです。

人間関係は双方あって、成り立つものです。

良好な人間関係は双方の意思があって初めて作れるのです。

赤ちゃんは、まだ自分をコントロールできないので、お母さんが良好な人間関係を作らないといけません。

ここで、非常に重要なポイントです。

赤ちゃんがお母さんと良好な人間関係を作れなければ、赤ちゃんは自分の中に安心を作ることができなくなるのです。

良好な人間関係に説明文をもう一度見て下さい。
良好な人間関係とは単なる仲良しこよしではありません。
自分が相手を思いやり、心から愛している、且つ相手も同様に自分を思いやり愛している状態
表面的な仲良しではなく、心から思いあっている強い結びつきがある状態、を指します。

そうです、心から愛されているんだ、と100%お母さんに依存できることで、心の平安を作ることができるのです。

それが、ぶれない、赤ちゃんが自分の人生を作る、本当に大切な幹となるのです。

実際に、夜泣きは大変だと思います。

しかし、夜泣きは単なる現象に過ぎません。いつかはなくなります。

でも、ここで対処を間違うと・・・・、赤ちゃんの人生に大きな影響を及ぼしてしまうわけです。

だから、本気で、お母さんが満たされて、お母さんが赤ちゃんを満たしてください。

いいですか、順番は、お母さん、赤ちゃんですよ・・・

逆は不可能ですからね。

もし、煮詰まっていたら一時的に誰かに赤ちゃんを預けてでもリフレッシュしてきてください。

やせ我慢する必要はありません!!

むしろ、やせ我慢は赤ちゃんのためにならないのです。

この、私の渾身のメッセージが一人でも多くの方に届きますように・・・・

心からお祈りしています。



posted by しんさん at 06:12| Comment(0) | 自分を満たす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
更新履歴
カテゴリ
更新履歴
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。