赤ちゃんの夜泣き−原因と対策−

赤ちゃんの夜泣きで毎日大変な思いをしていませんか?最先端の科学と先輩の知恵が、パパとママをお助けします!
 

カテゴリー:夜泣きの原因

スポンサードリンク

2012年09月22日

夜泣きの原因【3】

夜泣きの原因【3】についてお話していきます。

このブログでは、主にお母さんとの関係、お母さんの心の在り方から、夜泣きと赤ちゃんの人生にまで、お話していっています。

そうはいっても、夜泣きに外的要因があるのも間違いありません。

いくらお母さんが子育てをエンジョイしていて、何も問題なくても、ひどく夜泣きすることもあります。

今回は、そんな外的要因について、お話していきます。

【3】体調が悪い

赤ちゃんも体調が悪いと期限が悪くなります。

例えば風邪で鼻が詰まっていたり、咳きがひどかったり、高熱だったちしたら大人も眠れないように、赤ちゃんだって眠れないでしょう。

この二つはそこから見てすぐわかるので、問題ないというか、気付くと思うのですが、症状が分かりにくいものもあります。

腹痛や頭痛です。当然赤ちゃんはしゃべれませんから、そういった症状は伝えられません。

外から見てわからない症状なので、注意が必要です。

基本的には、その場合は、泣き方が少し違うはずです。日頃の泣き方との違いをしっかりと観察していれば比較的わかりやすいと思います。

付け加えて、翌日もしっかりと観察してあげることが必要ですね。

もし、症状は全くなく、日中も様子が変なら小児科に連れていきましょう。

私は、基本的には抗生剤等の薬は嫌いです。

子供にできるだけ飲ませたくありません。

だから、ちょっとしたことで病院に連れていく必要はないですが、そうは言っても、赤ちゃんのうちはまだまだ生命力が小さいので、しっかりとケアしてあげなくてはいけません。

だから、様子がおかしい時はすぐに病院に行きましょう。

咳きが出てるとか、微熱があるとか、その程度のことなら問題ありません。

放置していても治るし、むしろ病院にかかって、抗生剤でも飲まされたらそちらのほうが体に悪いと思います。

でも、異常な泣き方をする、いつもと様子が違うという時は、きっと赤ちゃんなりのSOSだと思うので、病院にいくとよいでしょう。

問題なければ、それはそれでよいです。他の原因を考えればいいだけのことですから・・・

問題あれば、解決すればいい・・・。

そのために病院に行ったのですから(笑)

大切な大切な赤ちゃん・・・・可愛がって上げてください(#^.^#)

posted by しんさん at 06:14| Comment(0) | 夜泣きの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
更新履歴
カテゴリ
更新履歴
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。